目の前にある幸せ

つぐみです。

最初は、6月のアフィリ収入公開の記事に書いていたんですが、長くなったので、独立させました。

わざわざこのブログに書くことでもないんですが、昨夜、海老蔵さんのここ1週間くらいのブログを読みました。とにかく涙が出続けてしまって、目が腫れるほど・・・

小林麻央さんは、恋のから騒ぎに出ている頃から見ていたのですが、特にファンというわけでもなく、そして海老蔵さんのファンでもなかったのですが・・・麻央さんの乳がんが公になったときから、時々麻央さんのブログも読んでいました。

家族構成や子供たちの年齢が近いので、余計に感情移入してしまうというか、切なくなってしまいまして・・・まぁ涙が流れるんですわ。

それで何が言いたいかというと、目の前にある幸せ(=夫と子供達と暮らす平凡な毎日)をもっと大切にしたいと思ったのです。家族のぬくもりを肌で感じながら、夫と子供達に自分の愛情を注ぎたいと思ったのです。

「100万回生きたねこ」という有名な絵本があるんですが、「誰かを愛することで、初めて人生をまっとうできる。」といった感じで私は解釈しています。

まさにそんな感じで。

自分よりも大切な存在いて、その人と一緒に共有する時間、感情。それこそが幸せの本質であり、自分が生きる意味かなと。

だから、子育てや家事に費やす時間が増えて、アフィリ作業時間が減り、それに悶々として過ごすなんて、もったいなくてバカげているんですよね。

子供たちに求められすぎて、それが鬱陶しく感じることってあると思いますが、そうじゃない。こんなにも自分を求めてくれる子供たち。その子供たちに愛情を注ぐことができる幸せ、それを、見失わないようにします。

そして、仕事に疲れ切っている夫に、もっと優しく、もっと労わりたいと思います。

現状に感謝して、1日1日丁寧に、大切に、一生懸命生きます。

ただ、やっぱり、お金がないと困ることも色々あるんで、それはそれとして、ドンと構えて一生懸命やるしかないんですが。

頑張ります。とにかく色々頑張ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. キウイ より:

    「100万回生きたねこ」いいですよね。
    佐野洋子さんのエッセイもおすすめです。

    自分と齢の近い人や年下の人とのお別れを経験すると
    (芸能人のように直接の関わりがなくても)
    ただただ切ないし今ある幸せを大事にしようと痛感します。

    自分に与えられているものってたくさんあるんだよなあと改めて思いました。
    アフィリエイトもその中のひとつですね。
    できる範囲でできるものを取り組んでる段階ですが私も頑張ります!

    • つぐみ つぐみ より:

      こちらにもコメントいただき、ありがとうございます!

      佐野洋子さんのエッセイですか!一度読んでみます!!
      キウイさんのズバリおすすめのタイトル、今度教えていただけると嬉しいです(^^)

      私は今回、海老蔵さんのブログでそれだけ家族を大切にしたいと気持ちになりましたが、そのことを夫に話したら、全く違う反応で、良くも悪くも「あぁ、これが私の夫か・・・」と思いました(-_-;)